news

  • 展示のお知らせ

    展示のお知らせ

    お誘いを頂き、東京都にあるプライベイトというスペースで展覧会を開催します。最終日にはプライベイトのクロージングパーティーもあるそうです。それに合わせて、展覧会に関するイベントもおこなうかもしれません。詳細はまた追って告知いたします。どうぞよろしくお願いします。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 『摩擦/ここをわたしの居場所というとき、』 2024年2月16日(金)〜2月25日(日)[金、土、日のみ] 13:00-20:00[最終日は〜18:00] 会場▶︎プライベイト東京都江東区大島5丁目25-12tokyoprivate.theblog.me入場料▶︎500円[*学生無料]作家▶︎吉川永祐/西嶋夏海/宮崎竜成企画▶︎宮崎竜成主催▶︎Post Passion Fruits ステートメント▼ 「今までの医療が、肥大した自我を守るために病気になった体の部分部分を切り落としてきたのだとすれば、移植は他者の一部を受け入れて自分の自我を削ぎ落とすものであるかもしれなかった。」 朝比奈秋『あなたの燃える左手で』 ここをわたしの居場所というとき、そこにはどのような線が引かれ、何(誰)がその外に置かれているのか。あるいは、そこでは何が取り戻されているのか。「異人」という概念がある。それは20世紀後半ごろから民俗学や文化人類学などで広く用いられるようになったものだ。異人とは、ある共同体や集団において内部と外部を区切るとき、その外部に位置付けられる存在者の総称である。こうした異人の存在によって内部の秩序は形成されるのだという。異人はまれびとや商人といった内部を活性化させる歓迎すべきものとして位置付けられると同時に、被差別者や難民など、排除や犠牲の対象のことでもある。それらを踏まえて、このように言い換えることができる。「社会は、絶えず外部を招き入れ交流することによって凝り固まった自我を削ぎ落とし、同時に守るべき自我の膨れ上がりによってそこからはみ出しそうなものを見つけ、まるで腫瘍のように切り落とし、排除する。」この秩序システムは境界線の策定によって居場所を生み出し、区切られるからこそ、自身を自身として規定し相対化することができる一方で、それが自身を飲み込むほどのリズムにまで肥大化すると、強烈な自己免疫として他者の排除へと進む。「ここはお前の居場所じゃない。」と。内部と外部は一定ではない、誰でも自己免疫的に線を引く場合もあれば、その線の外側に追いやられることもある。それは常に身体や空間を通して問われ続けている。境界をめぐるさまざまな問題は世界各地で散見される。自分が安全圏=居場所にいるとして、世界の問題全てに身体を巡らせようとすれば、自己が削ぎ落とされ、身動きが取れなくなってしまう。そこで、自身に固有な在り方でそれらと向き合うために、線を引くこと=切断は有効である。しかし、同時に線を引くことは自身の全体主義化や原理主義化と表裏一体であることもまた事実だろう。線を引くことそれ自体、そこでの摩擦が問われている。これは、それでもなお線を引き続けなければならないとき、その線を引く摩擦の振動を自らの身体に刻みこむ、その感触のための展覧会である。

    続きを読む


  • 菊谷達史個展「スノーモンスター・ウィズ・ワーキングドッグ」記録集公開

    菊谷達史個展「スノーモンスター・ウィズ・ワーキングドッグ」記録集公開

    私が企画し、2022年12月に開催された菊谷達史個展「スノーモンスター・ウィズ・ワーキングドッグ」の記録集データを公開します。本記録集は私自身が編集を行い、「菊谷達史について」という論考を寄稿しています。他にも会場写真や作家による作品ライナーノーツ、大下裕司さんによる展覧会評など充実の内容となっています。全体の冊子デザインはアーティストの大和楓さんです。ぜひご覧いただけると幸いです。 菊谷達史個展「スノーモンスター・ウィズ・ワーキングドッグ」記録集(pdf) また、本記録集はまだ数十部ほど手元にあるので、欲しい方はこのウェブサイトの問い合わせホームにてご連絡ください(記録集は無料です)。 また、展覧会の記録映像もYouTubeにて公開されています。こちらも併せてご覧ください。

    続きを読む


  • 【artscape 2023年12月15日号(artscapeレビュー)】ビジター・キュー|高嶋慈

    【artscape 2023年12月15日号(artscapeレビュー)】ビジター・キュー|高嶋慈

    昨年に参加したレトロニムによるキュレーションの展覧会『ビジター・キュー』のレビューがアートスケープに掲載されてます。 私の作品も少し触れてもらっています。是非ご一読ください。 ☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟ 【artscape 2023年12月15日号(artscapeレビュー)】ビジター・キュー|高嶋慈

    続きを読む


  • Complex Exhibition in Hakuichi Buildingの記録映像をYouTubeに公開しました。

    Complex Exhibition in Hakuichi Buildingの記録映像をYouTubeに公開しました。

    Complex Exhibition in Hakuichi Buildingの記録映像をYouTubeに公開しました。ぜひご覧ください。 金沢市にある5階建てのビルにて、1つの催しと4つの個展、そして1つのグラフィックが同居するイベントが行われた。本企画では、すべての展示を包括するタイトルやステートメントは持っておらず、1階から5階までで5つの異なる展示及び催しが行われた。各階のイベントタイトルと作家は以下を参照。 場所▶︎箔一ビル1-5F 日時▶︎2023/11/20-11/29 13:00-19:00 (*3Fのみ11/22〜開催) 料金▶︎500円*学生無料 グラフィック▶︎五月女哲平 5F 宮崎竜成 個展『加工と仮構』 1996年京都府生まれ。現在、金沢市在住。主な展覧会に「ビジター・キュー」(MINE/2023)、「SEASON 2」(宇陀松山/2023)、「極悪/Egregious」(Aster/2023)、「神(analyzer)」(IN SITU/2023)など。 4F 武田雄介 個展『humus』 1985年広島県生まれ。現在、金沢在住。主な展覧会に「眺望力」(山下ビル/2020)、「凍りつく窓:生活と芸術」(Cage Gallery/2019)、「Taipei Perception」(Tresurre Hill Artist Villege/2018)、「Void」(MORI YU GALLERY/2018)、「アペルト06 武田雄介」(金沢21世紀美術館 長期インスタレー ションルーム/2017)など。 3F 林修平 個展『D.L.P』 1993年生まれ 愛知県在住 近年の主な展覧会に「神(analyzer)」(IN SITU、2023)、「DAZZLER」(京都芸術センター、2022)、「Polaris」(芸宿、2021)、「群馬青年ビエンナーレ2021」(群馬県立近代美術館、2021)など。 2F 阿知波まどか 個展『答えを手放す』 1996年北海道うまれ石川県かほく市在住 主な展覧会 2020年 個展「曖昧な輪郭」ルンパルンパ(石川) 個展「土に溶ける体温」MAKII MASARU FINE ARTS(東京) 2021年 グループ展「シェル美術大賞展2021」国立美術館(東京) ​2022年 個展「呼応する部屋」彗星倶楽部(石川) など 1F 大河内雅子/小林椋『柔らかい面を後ろに見せる(以下タイトル99略)』 大河内雅子 1995年愛知県生まれ。2019年愛知県立芸術大学油画科卒業 主な展覧会は「影踏み」(2020,IN SITU)「space SIM」(2021,IN SITU)など。 小林椋 1992年生まれ。2017年 多摩美術大学大学院美術研究科修士課程情報デザイン領域修了。2019年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。近年の展覧会に「亀はニェフスのイゥユのように前足を石にのばすと」(トーキョーアーツアンドスペース本郷, 2022年)、「ニューミューテーション#4 小嶋晶・小林椋」(京都芸術センター,2021)、など。

    続きを読む


  • 「密室、風通しの良い窓、ぎこちないモンタージュ」記録映像をYouTubeにて公開しました。

    「密室、風通しの良い窓、ぎこちないモンタージュ」記録映像をYouTubeにて公開しました。

    約2年越しですが、愛知県名古屋市にて開催されたファン・デ・ナゴヤ美術展2022の採択企画である「密室、風通しの良い窓、ぎこちないモンタージ」の記録映像をYouTubeにて公開しました。是非ご覧ください。 ___ 撮影・編集:宮崎竜成会期:2022/1/7-2022/1/16 アーティスト:うえだあやみ、定村瑶子、宮崎竜成

    続きを読む


  • 『アートな仕事ークvol.9 アートと安全 そこでは何が守られるのか』を開催します。

    『アートな仕事ークvol.9 アートと安全 そこでは何が守られるのか』を開催します。

    *本イベントは終了しました 金沢市民芸術村アート工房のイベントを企画しました。今年最後の渾身イベントです。是非お越しください。全てのプログラムが入場無料、参加無料なので是非来ていただきたいです。 心、体、実践にて「安全」を手掛かりにさまざまな位相の話ができればと。トークゲストは西原珉さんと津田三朗さん。 展示は岡千穂、山岸耕輔、深田拓哉。 『アートな仕事ークVol.9 アートと安全 そこでは何が守られるのか』 会場 金沢市民芸術村PIT5 アート工房 *参加無料日時 2023年12月16.17.18日(土、日、月) 「アートな仕事ーク」とは、一つのテーマから芸術分野の現場に関わる専門分野をピックアップし、その分野に携わる方々とトークイベント形式でそのテーマや分野を現場の観点からとことん掘り下げるアート工房の年次企画です。これまで、地方で芸術祭を開催する個人ディレクター、育児をテーマに作品を制作し、社会学研究を行う夫婦、自身で製本まで行う絵本作家など、様々な分野の方をお招きしてトークイベントを行なってきました。第9回目となる今回は「安全」という観点からお招きしてトークイベントを開催します。また、関連イベントとして、「安全」をテーマにとした展覧会を同時開催し、トークイベントと実際の展覧会空間及び作品を合わせて「安全と芸術」を考える機会とします。 昨今、芸術をめぐる問題は、作品と人命に関わるものから、さまざまな人に対する空間やイベントのアクセシビリティ、そして作家が作品を作る際のケア及び人との関係をめぐるセーフティラインにまで及び、また考える必要があります。表現の自由と安全対策との間の中で作品や空間ををどのように実現するか、そして、そこに関わる人々や作品との間に生ずる倫理をどのように考えるのか、芸術を通して心身の安全な場所をどのように作り上げるか、そこではどのような技術が開発されうるのか、様々な事例を元に、各々の専門家の知見から安全と芸術の関係を探ります。また、関連展覧会を開催することで、「安全」という概念自体を作品から解きほぐすことを狙います。 (詳しい詳細はこちらのリンクをチェック✅)https://www.geimura.com/art/arttalk9/ ◆プログラム◆ ▶︎トークイベント①心の安全 美術のケアとアクセシビリティ ゲスト:西原珉2023年12月16日(土)17:00-18:30 展覧会やアートを取り巻く運営、ワークショップなど、作品や人々が繋がりを持つ中でどのようなアクセシビリティを設定することができるのか。その方法論やアートの技術を通して安全な対話や表現を行える場を作ることとその意義について、西原珉さんをお招きし、西原さん自身の実践から、アートにおける鑑賞やコミュニケーション、表現がどのようにケアとつながっていくのか考えます。 ▶︎トークイベント②体の安全 危ない橋の渡り方 ゲスト:津田三朗2023年12月17日(日)17:00-18:30 美術と安全基準をめぐる問題は、表現の自由の名の下に不透明化されるか、あるいは公園の遊具の撤去とも通ずるような安全の「厳格化」という規制の情勢に晒されるかという二極化を孕んでいます。そこで、津田三朗さんをお招きし、アートと安全の関係、そして表現と身体の安全の「基準」がどこに置かれるべきか、その境界線の引き直しを試みます。 ▶︎関連展覧会 「OVER ROAD」2023年12月16.17.18日(土、日、月)10:00-17:00会場 金沢市民芸術村PIT5 アート工房出展作家 岡千穂・深田拓哉・山岸耕輔企画 山岸耕輔 ▶︎岡千穂サウンドパフォーマンス2023年12月17日(日)13:00〜13:30 *参加無料場所:金沢市民芸術村PIT3前 野外水上ステージ 展覧会「OVER ROAD」の関連イベントとして、展覧会参加者の岡千穂によるパフォーマンスイベントを行います。音楽を聴く際に必ずと言っていいほど用いられ、生活でも広く馴染みのあるスピーカー。このスピーカーに過剰な電力を送り、それを熱に変えてスピーカー自体を発火させるサウンドパフォーマンスを行います。当日はゲストヴォーカリストに田上碧をむかえ、田上による本パフォーマンス書き下ろしのオリジナルソングを岡千穂が演奏します。曲に合わせて岡千穂が田上のヴォーカルのヴォリュームを上げ、田上の声量が上がるとともにスピーカーが発火、燃えたぎるスピーカーと田上の歌唱が絡み合い、最後は火を消化することでパフォーマンス演奏は終幕します。__________ アクセス 金沢市民芸術村 石川県金沢市大和町1-1 TEL076-265-8300 ・バス バス停【武蔵ヶ辻・近江町市場】発 「香林坊」経由「新金沢郵便局」行 バス 停【大豆田」】下車 徒歩5分・車 北陸自動車道「金沢西I.C」から片町方面に約10分 ・金沢駅・片町交差点から 徒歩15分、タクシー5分 主催:金沢市民芸術村アクションプラン実行委員会共催:金沢市、(公財)金沢芸術創造財団企画担当:金沢市民芸術村アート工房ディレクター 宮崎竜成フライヤーデザイン:宮本日向子

    続きを読む


  • 【寄稿】「DAZZLER」の記録集が発刊されました

    【寄稿】「DAZZLER」の記録集が発刊されました

    昨年、アーティストの林修平さんが企画し、京都芸術センターにて開催された展覧会「DAZZLER」の記録集が発刊されました!私は参加作家である五月女哲平さんの出展作品の論考を寄稿しています。作品をみたときそこにあった出来事やもの自体を取りこぼさないようにして、書きました。 全てを掬うことは非常に難しい(というか原理的に無理)けれど、大事なもののいくつかは拾えたんじゃないかと、改めて読み返して思います。読者にとっても、そしてなにより五月女さんにとってもそうであったら嬉しい。広く読まれて欲しいです。公でもこっそりでもいいので感想もらえると喜びます。これを機に文章の仕事が増えるといいな… 購入は豊田市美術館ミュージアムショップなどの店舗や、下記のメールアドレスから問い合わせ可能です。ぜひお手に取っていただけると幸いです。 ・・・・・・・・・・ 記録集『DAZZLER』 2023年11月1日発行¥3,300(税込)本文:84ページ装丁:神村卦祢 お問い合わせ・購入→ insitu43@gmail.com

    続きを読む